卒業生代表が卒業した後の記録
by sotugyo1000
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
一人でライブを見に行く~カルト芸人編~
c0022820_1121057.jpg

いやあ、行って来ました、鳥肌実時局講演会に一人で。
パンフレットとDVDを買ったのですが、
いれてもらった袋が黒地に鳥マーク。・・・マッキーのときと似てる・・・と無理やり関連付けてみます。
また覚え書きを書こうと思うのですが公演内容については書きません。過激でとても書けませ~んと言いつつ実はあの空気を文章に表せる自信が無いからです。それより先に詳細なネタの内容をもうすでに忘れてしまいましたので。
ところでパンフレットにサインがありますが・・・?とか誰も気づかないと思うので自分から言います
このサインを見る度に申し訳無い気持ちで胸がいっぱいになります









よりによって大量の仕事を先送りにして定時で出社、地下鉄で淀屋橋まで。
たくさん人は降りるが大阪城ホールと違ってここで降りたからといって中央公会堂に向かう人がどれだけいるのか・・・。駅を出ても人がいっぱいで人の流れとかは全く出来ていないがライトアップされた中央公会堂が見えるのでそっちに向かって歩く。
c0022820_185589.jpg

まあ。きれい。レトロ好きの血が騒ぐ。堂々とした正面入り口でチケットを切ってもらって、中へ入るとグッズ販売ブースが。「空いている今のうちにどうぞー」の声につられて買う。ツアーポスターつき。そして会場にはいる。今度は係りの人の案内を断って自力で席にたどりつく。ちょうど真ん中の後ろ。会場自体が小さいので後ろでも十分見えそうだなあと安心。一番気になる客層は、カップル、友達、サラリーマン・・・おそろしいくらい普通の人々。20~40代くらい?なんか本当に無作為に抽出されて連れて来られたみたいにばらばらな雰囲気。マッキーのときは「マッキー好きそうな人」オーラが多少あったのに今回はそれが全くなし。そしてその中のいろんな人が「お互いに客層を気にしている状態」になっていた。周りから聞こえてくる会話はだいたい客層の会話。でもここに集まった人はまぎれもなく「鳥肌実のもとに集まった人々」だ。一心同体。
公演を見て最初に思ったのは「話術の凄さ」。内容のほうがインパクトがありすぎるのでそっちのほうが話題になりやすいですが・・・古館伊知郎を凌駕する勢い。一人の人の妄想話にここまで引き込まれるってよく考えたら凄いと思う。「鳥肌実って・・・なんか危ないことを言う人でしょ?」くらいの認識だったら改めるべきかもしれません。ただ言うだけじゃありません。「うおおお・・・プロだ・・・・・」と感じます(当然プロだけれど、あえてそう思う)うん、こう書いてると古館伊知郎なんか足元にも及ばない気分になってきた。
講演終了後、ライトアップされた公会堂の周りを歩いていると車の写真を撮ったり、周りで待っている人たちがちらりほらりと見えた。「出待ちがおもしろいらしい」という噂をネットでみていたので「待ってみようかな?」と思い一人で突っ立ってみる。最初10人くらいだったのに時間が経つにつれ少し増え、なんか自分のいるところが最前列っぽくなったので少し体が冷えてきたがひまつぶしメールを送信したりしつつ帰らず待ってみる。
そうこうしていると鳥肌実登場。ものすごくさわやかに「いや~今回はネタが長すぎて・・・」みたいな事を言いながら車に向かうのかな、と思ったら真正面、30cmくらいのところに来ました・・・。
ち、近い・・・・・・!!近すぎて直視しにくい・・・
「サインをしましょうか?」との問いかけに動きのない出待ちの人々。
「誰もサインして欲しくないと・・・」と笑っているところに、私はごそごそと袋からパンフレットを取り出して差し出しました。うお、受け取ってもらえた!とその時点で喜んだのですが
「・・・・ペン。・・・ペン。」
・・・・ペン?・・・・・・・・・そんなもの、工場勤務帰りの鞄の中に入ってませんよ。
と、とっさにアンケートに付いていたパンフレットの紙質に全く合わない小さい鉛筆を差し出す。
取り出したときから解かっていた、
「・・・・絶対書けませんけど・・・」とすごく小さな声で言いながら。
鉛筆を受け取り、固まってしまった鳥肌実。
すると事務所の人?がマジックを持ってきてくれた。よ、良かった~・・・。
でもそれを受け取らず、
「白、白、」・・・
パンフレットは紺地なのです。てか、鉛筆渡した奴のサインですよ!?白のマジックを出すのに
事務所の人は少し手間取っていました。白のマジックを受け取るとパンフレットにとん、とペン先を置いてインクが降りてきてからペンを走らせてくれました
パンフレットを受け取ると、後ろのほうから凄い圧力がっ・・・
後ろにさがれるような余裕はもちろん無く、でもこのままでは間違いなくうつむいてサインをしている鳥肌実の上に倒れる・・・
後ろの人には悪いと思いつつ、渾身の力を込めしかしやんわりと後ろに押し返す・・・
その後横に行ったのですぐに開放されました
暗かったので私の携帯では写真は全く撮れませんでしたが
病的なまでに綺麗な肌と顔立ちでした
[PR]
by sotugyo1000 | 2005-11-26 01:08 | お出かけ
<< 水の値段 チケットぴあで >>